フィットが期間限定並みの「納得」価格♪シビックストリームが「4つ星」の納得価格~!オデッセイステップの最安値 |

一度!取説にあるリセット機能を作動させ!なんとか正常動作になりました。迅速な対応ありがとうございます。商品には満足していますが、もうすこし取り付け説明書を充実させてほしいなぁ写真で見て思っていたより商品が大きいです。

こちらになります♪

2017年02月04日 ランキング上位商品↑

オデッセイ シビック ステップ ストリーム フィットドアミラー自動格納 車種専用設計 NONE NBOX インサイト オデッセイ シビック ステップワゴン ストリーム フィット フリード ライフ 等【あす楽】【配送種別:B】

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

窮屈な体勢で行う作業になるので、簡単だけれども、若干時間がかかりました。フィットGE6に装着しました。本商品は!先のドアミラースイッチユニットのコネクタを外して!付属のコネクタでユニット(黒い箱)を割り込ませることで機能します。せめて色を表記して欲しいです。インサイトは、、配線長も手を入れるスペースも短く狭いです。このとき外したコネクタがどちら向きで取り付いていたか覚えておくと商品付属のコネクタを再挿入するときに悩みません。あとは全く問題なくとても簡単に取り付けできました。●取り付け時間30分〜40分 配線3箇所接続。N-boxカスタム車【JF1】ドアミラー自動格納装置取り付けて見ました。取説が白黒なので配線色が見づらいですが!接続する配線は2本から3本なので慎重に作業すれば間違える事も無いと思います。Keyを一気に回しエンジンを掛けてからの作動になればスムーズ。一目でロック状態が!分かり大満足です。●ドアロック時にミラーが閉じ格納しますので確認が楽チンになりました。小さな白黒1枚の取付説明書では!どこのケーブルに繋げばよいか分かりませんが!同等の製品のサイトに沢山の情報があるのでそれらを参考として接続しました。キットの青色配線を車体側ドアロックの桃色配線へ常時電源は車体側白色配線へ接続してトラブル等なく作動しました。で、取り付け完了後チェックしたところ、ドア開でドアミラー閉(!?)ドア閉でドアミラー開状態になってしまいました。ACC ONでミラー開の取り付けです。配送もかなり迅速です!取付も30分もあれば終わりめっちゃ便利です!安く購入できたし嬉しいです!ありがとうございました。この後の動作は良好です。マイコン内蔵のようですのでプログラム切り替えでドアアンロックでオープンとACCオンでオープンを交互に切り替えできると嬉のですが、できないでしょうかね?暑いので半ズボンで作業していたら、なぜか太ももに擦り傷が…、車いじりは軍手や長ズボン等で万全の装備で行いましょう。になってしまう。達成感は薄いけど、配線を切ったりするのが嫌な人にはオススメです。取り付けは、ハンドル下方の黒いカバーを取り外してから、ヒューズカバーを取り外し、そこから上方に手を差し込んで、ドアミラースイッチのコネクタを引き抜きました。キーレスに連動し鍵の閉め忘れに気がつくのでとてもいいです。また!何かありましたら!利用したいです。取り付け後は、ドアミラーを自動的に開いたり格納したりしてくれるようになったので、非常に便利になりました。結局、ドアロックでオープン、ドアアンロックでクローズと真逆の動作をしますが、当然エンジンをかけるとクローズのままでは、間違ってると認識するようで自動修正されて正常となります。使用感想としましては!Key連動にしたのですが!セルを回す前にオープン作動してしまうと更にセルを回した時の電圧降下で作動停止・終了。事前に!ネットでドアミラー自動格納取り付け方で検索すると!ヒットしました。思ったより!簡単に取り付けることがで来ました。。対応車種に!「N-WGN」の表示がなかったので半信半疑で購入しましたが大丈夫でした。もっと早く付けておけばよかったです。3つのコネクタ取り付けまでは簡単ですが、常時ON電源、ロック/アンロック信号線へ配線を接続するのが大変でした。多少なりともやったことがある人なら10分もかかりません。ケーブルを全て結線して最後に本体にコネクタを繋げます。コツが掴めたのでとても重宝しています。ある程度技術力はある方なので取付はとても簡単でした。常時ON電源=灰色!ロック=ピンク!アンロック=黄色でした。車いじりは初めてです。●ドアミラー自動格納装置(デーラー)¥10800⇒¥2380とお買い得! 格安で大満足です。初期設定のリセット方法も実践しましたが、動作しているのか疑問です。※作業は検電テスター等を使用して自己責任でお願いします。説明書は、商品紹介画像と一緒というか白黒なので劣化しています。取り付けは下調べしていたので、全く問題なく取り付けはできました。ドアの内張パネルをとるときのクリップが非常に固いですが慎重に取り外しました。説明書がモノクロなので配線の色が分からなかった。問題があるとすれば、説明書に関してです。分かりやすく解説がありましたので、参考にしました。車側の取り出し配線はネットで検索すれば出てきます電源と開閉信号もカプラーで取り出しならベストですが値段も安くてお勧めです一番安いここで購入しました。白黒で印刷してあってもかまわないのですが!コードの色の表記くらいはつけてほしいと思いました。バッテリーのマイナスを取り外して作業する方もお見えになるようですが、手袋等で絶縁に気をつけて慎重にタップを取り付ければ問題ありません。今後の装置の取外しの可能性を考慮して!エレクトロタップは付属の物は使わずに!3か所とも平型ギボシのプラスが接続できるT型のエレクトロタップを使いました。ドアパネルには防水用のビニールシートや吸音材?(N−ONEプレミアム)が張られているため、本体を取り付ける位置決めに苦労しました。ひと昔前の配線を切って繋げてではなく!カプラーオンで残りの3本の線もワンタッチコネクタで挟み込むだけ。常時ON電源!ロック/アンロックの配線は!始めに取り外したカバー奥のヒューズボックス下にあるコネクタ(左から2番目の緑のコネクタ)から取り出しました。